冬物 SALE始まっています。

皆様ご存じですか?
秋冬のスーツのお素材は年間通して着用出来る素材が多いです。
 
春・夏物は素材が薄く着用出来る期間は限定されます。
 

なぜなら、この寒い季節にあからさまに夏の素材をt着用している容姿は美意識が低く気遣いが出来ないとも判断されます。

 薄い夏物の素材はザラザラして目が粗いのが特徴です。

それに引き換え秋・冬物のスーツは糸が細く目の細かい物が多いです。 

それと、夏物の素材というのはそもそも湿度の高い日本向けに作られた生地であり、スーツの本場イギリス、イタリアでは着用される事はありません。

 

この機会に着用頻度の多いスーツのご購入をご検討なさってはいかがでしょうか?

 

 

 

  • 2013.01.18 | 
  • カテゴリー:BIZ

問いかけは3種類!

荻野は何も教えませんが、一つだけ私に伝えた事があります。 服作りとほ関係ないのですが、人が質問をするのに3通りの意図があると。 1.質問の答えを知っているが、相手が理解しているか確認している場合の質問。 2.単純に興味があって、または知らないから知りたい質問。 3.好意がある時の質問。 この3つを、理性で捉えるか、感性で捉えるかはどちらでも良いとして、 解ってさえいれば危険から逃れる事も出来るし、相手をより理解して好きにもなれる。 荻野の場合は感性でキャッチするので、大抵の場合ギリギリの所で生きているらしい。 何でもないような事だけど、重要な気がする。 例えば、 初対面で1.の質問をされると結構失礼なものです。 3.の質問は恋愛に発展するかもしれない。 2.は、人からモノを教えてもらう時に感謝出来る。 (^з^)-☆ 良い人ばかりじゃないけど、悪い人ばかりではないからこそ自分の理解を整理する時も必要だ。
  • 2010.11.19 | 
  • カテゴリー:BIZ

この素材がお洋服に

 

こちらは荻野が9月から、デザインを考えていますがまだ発表されない、可愛そうな素材です Cry  

20100827154933.jpg

 

  画像 053.jpg こちらは速読のマスター呉先生の物❤

先生の頭は常にフル回転で、東京・名古屋・札幌・福岡、日本全国出張でもちろん大阪でも講演されます。

そんな先生の内なる優しさや、CUTEな所をお洋服で表現します。

素材の中の赤い糸にスポットを当て、 胸にはワッペンを。

そして知的さを表現する為ベストを付けます。

女は可愛いだけじゃないのよ❤

 

  画像 110.jpg 黒の上質素材を使ったこの子は。、黒の印象が先生の言だまに更に強い説得力を増すようにかんがえますが、キツサだけが現れないようにエレガントなラインにします。

 

荻野にデザインを考えさせると、その方の内面、立ち居振る舞い、言動、癖までもを味方に付けるデザインになるのです。

荻野はそれほど洋服と人と向き合います。

黒の上質素材で女性が袖を通すなら、釦はフランス製のレース加工した特別なものを・・・という事で、釦は品切れになっていた物を集まるまで待って、どうしてもコレ!!と納得する物のみ使います。

 

 

20101004164620.jpg こちらは素材の優しい肌触りと、繊細な色を生かし、高貴な印象に作りあげますが、ここで間違えてはいけないものは着用される方の持つ色です。

『それを無視してしまってはバラバラでまとまらない自分本位な洋服に仕上がってしまう』と荻野は口を酸っぱくして行っています。

例えばそれがデザイナーに任せられた物なら、特にデザイナーの好味だけが表現されるのです。

常に、接触する方を主役にした服作りをします。

 

 

 

どれも仕上りが楽しみですね♪

 

 

  • 2010.10.23 | 
  • カテゴリー:BIZ
  • 取り扱い商品
  • デザイナー紹介
  • オーダーの流れ
  • オーダースーツデザイナーのブログ

お問い合わせフォーム